正しいしつけでワンちゃんの社会化を!「社会化」はワンちゃんと飼い主さんの暮らしを安定させる

子犬は母犬や兄弟と過ごす中で様々なことを学びます。さらに行動範囲を広げることで外の世界を知ることになります。

こうした経験が不足したまま成長すると、ワンちゃんの行動に悪影響を及ぼすことがあります。こちらでは、犬の社会化不足が及ぼす影響についてご説明します。

ワンちゃんの社会化期を大切にしよう!

ワンちゃんの社会化期を大切にしよう!

子犬が様々な外的刺激を少しずつ経験していくことを、犬の「社会化」と呼びます。生後4週間頃から社会化が始まり、母犬や兄弟の存在を知って犬同士のコミュニケーションを学びます。行動の範囲が広がると好奇心が満たされますし、次なる好奇心が芽生えます。

様々な経験を何度か体験するうちに、適切な警戒心を身につけることもできます。外的刺激は時にストレスになりますが、社会化が十分であればストレス耐性がつき、心身ともに元気に成長できるでしょう。

しかし、近年では外界の刺激を知らずに過ごしてしまうワンちゃんが多いです。母犬や兄弟犬の存在を知らないまま、外界の刺激を知らないままの状態で飼い主に引き取られるのです。

社会化が不足したワンちゃんにはどんな影響が出る?

社会化が不足したワンちゃんにはどんな影響が出る?

無駄吠えが多くなる

子犬は兄弟犬と触れ合うことで犬同士のコミュニケーションを学びますが、社会化不足のワンちゃんは犬同士の会話ができません。同様に、飼い主以外の人間に対しても順応していないため、誰かが通りかかるだけで吠えてしまいます。

また、音に対しても敏感で、足音が聞こえるだけで吠えることもあります。社会化が不足していると自分以外の存在を知らず、恐怖心ばかりが大きくなり、威嚇や警戒のために吠えてしまうのです。

噛む力がコントロールできない

兄弟犬と遊んでいるうちに噛まれる痛さを知り、噛みつく力をコントロールできるようになります。しかし、社会化ができていない場合は甘噛みの強さが調整できず、飼い主さんを傷つけてしまうことがあります。

自分を守ってくれると信じていた飼い主が自分を疎かにすると、飼い主に対しても強い力で噛みつくことがあります。これも社会化不足が原因です。

屋外が怖くて散歩ができない

社会化不足の犬から見た外の世界は、恐怖とストレスで溢れています。そのため、外に出すと震えて動こうとしなかったり、体調を崩したりするワンちゃんもいます。

「怖がりのワンちゃんにも散歩を楽しんでもらいたい」「噛みつきでトラブルを起こすワンちゃんと安心して過ごしたい」など安定した暮らしを願う飼い主さんは、ドッグトレーニングで正しいしつけを行ってはどうでしょうか。その際は、ぜひ千葉のレオンズドギー ドッグトレーニング教室にご相談ください。

ワンちゃんの性格に合った方法で無理のない社会化トレーニングを行います。千葉の松戸市を中心に出張対応を承っておりますので、千葉周辺で犬のしつけにお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

犬のしつけは千葉のレオンズドギー ドッグトレーニング教室

           
会社名 Leon's Doggy ドッグトレーニング教室
住所 〒270-2204 千葉県松戸市六実2-13-1
TEL 080-4180-6633
メールアドレス takemuratsutomu@gmail.com
Instagram https://www.instagram.com/leonsdoggy/
営業時間 9:00~18:00
URL https://leonsdoggy.net
資格

日本ドッグトレーナー協会(JTDA) プレミアムランク

(A級ライセンス)

愛玩動物救命士 プロペットレスキュー

愛犬飼育管理士 Dog Care Mager

第一種動物取扱業責任者

登録情報

登録番号 17-松健福446-4

登録年月日 平成29年8月10日

有効期間の末日 平成34年8月9日

千葉県松戸市でドッグトレーニング教室をご利用の際は、レオンズドギー ドッグトレーニング教室へ。トイレトレーニング・オビディエンストレーニング・お散歩トレーニング・パピートレーニング・社会化トレーニングなど幅広い内容をご用意。愛犬の噛み癖・吠え癖にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP