犬の無駄吠えの理由とは

「無駄吠えをやめさせたい」という飼い主さんは、ワンちゃんがなぜ吠えるのか考えてみてください。本来、犬は吠える生き物です。そのため、どんなときに吠えるのか、吠える前に何があったのか、じっくり考えてみると吠える理由が見つかるかもしれません。ワンちゃんが吠える理由を知ることで頭ごなしに叱らず、適切なしつけ・トレーニングができるようになります。

それでは、ワンちゃんはどんなときに、どんなふうに吠えるのでしょうか。こちらではその理由をご紹介します。ワンちゃんの無駄吠えでお悩みなら、犬のしつけに関する相談を承るレオンズドギー ドッグトレーニング教室までお問い合わせください。

感情表現

感情表現

飼い主さんにお願いしている

ご飯が食べたい、外に出たい、遊んで欲しいなどの感情から、飼い主さんがお願いに気づいてくれるまで吠え続けます。

嬉しくてたまらない

大好きなおもちゃが置かれたり、大好きな飼い主さんが帰宅したりした際に、あまりの嬉しさに興奮が抑えきれずに吠えることもあります。

また、運動不足でパワーが発散できないときにも興奮状態になり、無駄吠えをしてしまいます。

恐怖や不安を訴えている

長い時間留守番をしているときに、不安になって吠えてしまう場合があります。また聞き慣れない音(雷など)が聞こえた場合や、知らない犬に出会ったときに怖くて吠えるワンちゃんもいます。

威嚇している

郵便配達員や新聞配達員など、来客者はワンちゃんからしてみれば飼い主のテリトリーを脅かす存在です。そのため、吠えることで飼い主に知らせると同時に来訪者を追い出そうとします。

痛みや病気、薬の副作用

痛みや病気、薬の副作用

痛みがある

強い痛みを感じたときに高い声で短く鳴きます。もしも痛みが長く続く場合は、子犬のような弱い声で鳴き続けるので注意が必要です。

薬の副作用

薬の副作用で神経が過敏になるケースもあります。ちょっとした物音でも激しく吠えたり、いつもは反応しないものに対して威嚇したりすることがあります。

犬の認知症の可能性

シニア犬がよく吠えるようになった場合、認知症の可能性も考えられます。犬は認知症にかかると延々と吠え続けることや、顔見知りの人にも吠える場合があります。

このような痛み・病気などが原因と考えられる際は早めに動物病院へ行き、獣医に相談することをおすすめします。

以上の理由以外にも、集団で生活をする犬本来の習性から、どこかから犬の鳴き声が聞こえるとつられて吠えてしまうワンちゃんもいます。また鳴き声に似た音(サイレンなど)にもつられてしまいます。無駄吠えといわれるものは必ずしも無駄ではなく、何かしらの意味を持っている場合がほとんどです。

しかし意味があろうとなかろうと、ワンちゃんの鳴き声はよく響き、ご近所トラブルの原因にもなります。無駄吠えでお悩みの場合は、正しいしつけ方法を実践することをおすすめします。そのためにしつけ教室の利用を検討しているなら、ぜひ千葉県松戸市を中心にトレーニングを行うレオンズドギー ドッグトレーニング教室にご相談ください。

ワンちゃんの個性に合わせた適切なドッグトレーニング方法をご提案・実践します。さらにワンちゃんへのトレーニングを行うだけでなく、飼い主様に対しても正しいしつけの知識を学んでいただけるように、しつけを行っていきます。

犬の吠え癖にお困りならしつけ教室へ

           
会社名 Leon's Doggy ドッグトレーニング教室
住所 〒270-2204 千葉県松戸市六実2-13-1
TEL 080-4180-6633
メールアドレス takemuratsutomu@gmail.com
Instagram https://www.instagram.com/leonsdoggy/
営業時間 9:00~18:00
URL https://leonsdoggy.net
資格

日本ドッグトレーナー協会(JTDA) プレミアムランク

(A級ライセンス)

愛玩動物救命士 プロペットレスキュー

愛犬飼育管理士 Dog Care Mager

第一種動物取扱業責任者

登録情報

登録番号 17-松健福446-4

登録年月日 平成29年8月10日

有効期間の末日 平成34年8月9日

千葉県松戸市でドッグトレーニング教室をご利用の際は、レオンズドギー ドッグトレーニング教室へ。トイレトレーニング・オビディエンストレーニング・お散歩トレーニング・パピートレーニング・社会化トレーニングなど幅広い内容をご用意。愛犬の噛み癖・吠え癖にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP